毎日はじめて記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 【大洗町】『大洗磯前神社』の有賀祭。

<<   作成日時 : 2016/11/13 07:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

11月11日(金) @


朝から雨が降って,風も強く,寒い一日でした。


今日は,

*大洗磯前神社の有賀祭に,両親と行く

*アクアワールド大洗水族館へ行く

息子が生まれてから初めての水族館でした。
(娘は1年半ぶり)


私は母から,耳にタコができるほど,【小学校に上がる前まで,有賀さんに連れて行った】と聞かされておりました

自分でも,『11月11日』『有賀さん』『にんじん』というポン菓子を買ってもらったことが,断片的に記憶に残っています。
(↑今回,この『にんじん』が『虫きり菓子』として売られていたことを初めて知りました)

『有賀さん』とは,イオンモール水戸内原の近くにある有賀神社のこと。

貞観元年(859年)に創建されたと伝えられており、このあたりでは「虫きりの神様」として子どもの夜泣き・かんの虫にご利益があると言われています。
毎年11月11日には、御神体が大洗町の大洗磯前神社へ渡御する「磯渡御(お磯下り)」が行われています。


大洗磯前神社のHPより↓
内原町鎮座の有賀神社のご神霊を迎えて行なう秋の大祭、当神社の特殊神事です。当地にはこの祭に関するおもしろい話が伝えられています。
有賀さん(有賀神社)は大洗さまの側室の娘さんで、気立てがよく1年に1度親孝行のためにおみやげをたんと持って大洗に里帰りしてくるというのです。
有賀の里を朝6時にご出立、水戸市内各所のお旅所をご巡幸して、午前11時に法螺貝を吹き鳴らしてお越しになります。
御神前には有賀の里の米・柚子・里芋をお供えし、大洗の海で獲れた海の幸(鯛・鰯)をお返しします。
昔から子供の虫切り・虫封じに霊験があるといわれ、わが子の健やかな成長を願う赤ちゃんや小さいお子さんを抱いた人々で賑わいます。


ということで,大洗磯前神社の有賀祭へ行ってきました。
画像
駐車場はいっぱいでしたが,端の方に誘導されて停めることができました。

11時に到着とのことでしたが…
待合室にはすでに小さなお子さんを抱いたお父さん,お母さん,
そしてうちと同じように,おじいちゃん,おばあちゃんが一緒に来ている家族が多かったです。

こういう昔からの行事って,おじいちゃん,おばあちゃん世代が教えてくれるものなんですよね。

そして,ご神体が到着。
このように車でお越しになるようですね。
画像

子どもに触らせるとのことで,私は息子を抱っこしていたので触らせました。
こちらがご神体です。
画像
娘を抱っこしていた母が,娘に触らせようとしたら
【こわい〜】と絶叫。

代わりに私も触ったし,父も触っていたので,良しとします。
画像
ご祈祷が始まりました。

有賀神社のお札とお守りを買いました。

有賀神社の柚子もいただきました。

母が虫きり菓子を買ってくれました。
画像

境内では,大洗の菊まつりも開催されていました。
画像
画像
花火みたいに細い花弁の菊も素敵ですね。
画像
画像
父も菊を育てていますので,ここがこんなふうにはできないんだよな〜とか言いながら見てましたね。
私にはさっぱり…でしたけれど(苦笑)

七五三のシーズンでもあるので,それを祝った菊もありました。

娘は今でもたまに夜泣きをするし,かんしゃくを起こしたりすることもあります。
成長過程で誰でもあることだとは思うので,娘がいわゆる『かんの強い子』なのかどうかは分かりませんが…
これからの成長過程でおさまっていくと良いなと願っています。

子どもの成長を願う季節の行事に参加するのは良いことだなと思いました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【大洗町】『大洗磯前神社』の有賀祭。 毎日はじめて記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる